火星儀

太陽から4番目の位置にある火星。アメリカの探査機が次々と火星に到着し、詳細な画像を撮影しています。その新しい成果を反映した火星儀が誕生しました。
日本人の名前が2か所入っています。京都の花山天文台3代目台長で20年に渡る正確な観測を手書きの記録で残した宮本正太郎博士のMiyamoto, 民間の火星研究者で東亜天文学会会長も務めた佐伯恒夫氏のSahekiの二か所です。

地名の日本語は英語読みの発音によって記しました。

監修: 東京大学教授 宮本英昭

【仕様】
・球径26cm
・台座:木製
・画像:バイキングカラー MDIM 1.0
・画像処理:東海大学情報技術センター
・制作:(株)渡辺教具製作所

¥ 14,040

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 国際空輸

    全国一律 600円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。